LGPL

用語の解説

LGPLとは

(エルジーピーエル,GNU LGPL,GNU Lesser General Public License,)
LGPLとは、コピーレフトの考えを導入したGNUのライセンスのことである。
以前は「Library GPL」の名称で呼ばれていた。 LGPLはGPL(GNU General Public License)をベースとしているが、LGPLの元で公開されたソースを利用したソフトウェアを開発しても、その独自開発部分のソースコードの公開を強制しないという特徴を持っている。 GPLでは、ソースコードの流用については自由であるが、それを利用することを前提のソフトウェアの配付にあたっては、ソースコードを公開することを求めている。 そのため、ライブラリ用途のようなソフトウェアや商用ソフトウェアなどでは、GPLで公開された有用なソフトウェアが使用できなくなる危惧が生じる。 その対策として、制限を緩和したライセンスとしてLGPLが考えられた。 LGPLでは、ライセンスの継承を必要とせず、それを利用して作成されたプログラムのソースコードを公開することは強制されないが、公開されたソースコードを改変して利用した場合には、その部分のソースコードは公開しなければならないとされている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]