LGWAN

用語の解説

LGWANとは

(LGWAN)

 地方自治体のコンピュータネットワークを相互接続した広域ネットワーク。

都道府県、市区町村の庁内ネットワークが接続されており、中央省庁の相互接続ネットワークである霞ヶ関WANにも接続されている。

 LGWANは、地方自治体間のコミュニケーションの円滑化や情報共有、行政事務の効率化、アプリケーションの共同利用などによる重複投資の抑制などを目指し、2001年に創設された。 2001年10月に都道府県・政令指定都市間の接続が実現し、2003年度末までにすべての市区町村が接続される予定である。

 住民からの申請・届出の受付や、公共施設の空き状況の確認・予約受付など、どの自治体でも必要となるネットワークアプリケーションについては、自治体が共同で費用を負担して開発し、LGWANを通してASPの形で共同利用することで、経費を節減することが構想されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]