LIKE演算子

用語の解説

LIKE演算子とは

(ライクエンザンシ,LIKE Predicate,)
LIKE演算子とは、SQL文の検索条件に指定される文字列比較演算子である。
LIKE演算子によって、ワイルドカード文字によるパターン照合を行うことができる。 ワイルドカード文字には、アンダースコア(_)、パーセント(%)があり、アンダースコアは任意の1文字、パーセントは0文字以上の任意の文字列を表わす。 RDBMSによっては、アンダースコアやパーセント以外の文字によるパターン指定ができるように拡張されているものもある。 なお、ワイルドカード文字そのものに、すなわちワイルドカードとしての作用を持たせずに一致させたい場合は、エスケープ文字を指定して区別する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]