LISP

用語の解説

LISPとは

(LISP)

 プログラミング言語の一つ。

人工知能研究などで利用されることが多い。 1962年にマサチューセッツ工科大学のJohn McCarthy教授を中心とする研究グループによって開発された。 代表的な関数型言語の一つで、既に定義されている関数を組み合わせて新しい関数を定義するという形でプログラムを記述する。 1984年にはCommon Lispという標準仕様が定義されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]