LMHOSTS

用語の解説

LMHOSTSとは

(LMHOSTS)

 Windowsの設定ファイルの一つで、ネットワーク上のコンピュータのIPアドレスとNetBIOS名(コンピュータ名)の対応を記述したファイル。

 相手のコンピュータがルータを超えた場所にあり、ブロードキャストでは名前解決できない場合などに用いられる。 通常の名前解決はWINSなど他のシステムを使うため、補助的な手段である。

 書式はUNIXで使われるhostsファイルとほぼ同じ(行頭にIPアドレスを書き、ホスト名、改行の順)だが、NetBIOS固有の情報を記述するための特殊な書式も追加されている。

 LMHOSTSファイルを置く場所はあらかじめ決まっており、Windows 9xではシステムディレクトリ、Windows NT/2000ではシステムディレクトリ\system32\drivers\etcにある。

 ちなみに、「LM」はMS-DOS時代から使われてきたネットワークソフトのLAN Managerの略。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]