LZ77

用語の解説

LZ77とは

(LZ77)

 1977年にAbraham Lempel氏とJacob ziv氏が発表したデータ圧縮アルゴリズム。

今日、データ圧縮方式の主流をなしている「辞書圧縮」(辞書型符号化)の起源となったアルゴリズムである。

 あるデータを圧縮する際、既に読込まれたデータの中からもっとも長い一致文字列を探し、(もし発見できた場合に)その位置と一致長で置き換える方法である。

 例えば、英文の文書を圧縮しているとき、「algorithm」という単語に出くわしたとしよう。 このとき、もしその英文の先頭から15文字目に既に「algorithm」という単語が登場していた場合、「algorithm」と書くかわりに「ここにある単語は先頭15文字目から9文字に一致している」という意味の「15,9」という記述で置換することができる。 この場合「algorithm」は9バイト、「15,9」は3バイトの情報量で表現されるため、差し引き6バイトを節約することができる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]