LaVie Light

用語の解説

LaVie Lightとは

(ラヴィ ライト)
LaVie Lightとは、NECが2008年10月に発表した低価格ノートPCの名称である。
インターネットやメールを手軽に利用するためのネットブックである。 LaVie Lightでは、CPUにIntel Atom N270を搭載し、OSにWindows XP Service Pack3が採用されている。 1024×600ドットの8.9型ワイドSVGA液晶を搭載している。 記憶装置としては160GBのHDDを搭載する。 小型を志向しつつ、キーピッチが17mmのキーボードを採用するなどして入力のしやすさに配慮されている他、外部ディスプレイに出力できるコネクタ、PCの電源がOFFの状態でもUSBのコネクタを通じて充電が可能な「パワーオフUSB充電機能」を搭載している点などが特徴となっている。 LaVie Lightは、国内のPCメーカーによるネットブック製品としては、東芝の「NB100」に次ぐ参入となる。 LaVie Lightでは、「LaVie」のブランドや充実したユーザーサポートなどによる安心感を強みとして、2台目・3台目用途を訴求していくとしている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]