Liberty Alliance

用語の解説

Liberty Allianceとは

(LibertyAlliance)

 インターネット上でのシングルサインオンサービスの提供を目指し、技術開発などを行なう企業連合。

Sun Microsystems社がMicrosoft社の「.NET Passport」構想に対抗して立ち上げたもので、AOL Time Warner社、NTTドコモ、Hewlett-Packard社、VeriSign社、Bank of America社、Visa International社などが参加している。 Liberty Allianceが提供するサービスでは、ユーザがシングルサインオン用データの登録先を自由に選択でき、データ登録サイトとサインオンサイトが連携して対応サイト全てでサインオンが可能になるという方式が予定されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]