Lindows

用語の解説

Lindowsとは

(Lindows)

 Lindows.com社のWindows互換ソフトウェア。

 独自のLinuxディストリビューションを基盤に、Windowsアプリケーションが動作するエミュレータを備えた製品で、価格は数千円程度とWindowsの数分の一となっている。 Microsoft OfficeなどWindows向けのアプリケーションソフトの一部がそのまま動作する。

 エミュレータはオープンソースのWindowsエミュレータプロジェクト「Wine」の成果を応用しており、発表当初は大きな注目を集めたが、実際に動作するソフトウェアは多くなかったため、現在ではエミュレータ部分はあまり注目されていない。

 むしろ、Windowsと見た目や操作感をほとんど同じにした独自のGUIや、インストールの簡便さなどが注目され、低価格なWindowsの代替選択肢として低価格パソコンなどに採用されている。

 日本では、エッジが2003年8月に日本語版を発売した。 これはメニューなどが日本語化されているほか、日本語入力ソフトとしてATOKが付属している。

 Microsoft社は2003年に「Lindowsという名称は『Windows』と紛らわしく、商標権の侵害に当たる」と世界各国で訴訟を起こし、オランダではLindowsの出荷を差し止める仮処分命令が出た。 Lindows.com社はこの動きに対応し、2004年4月にアメリカ以外での同ソフトウェアの名称を「Linspire」に変更した。 社名とアメリカでの製品名には引き続き「Lindows」が使われている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]