Linuxディストリビューション

用語の解説

Linuxディストリビューションとは

(リナックスディストリビューション,Linux distribution,)
Linuxディストリビューションとは、Linuxのカーネルに、各種のライブラリやアプリケーションソフトウェアなどの周辺的機能を組み合わせて、一つのパッケージとして配布されているオペレーティングシステム(OS)の総称である。
Linuxは、厳密に言えば、ハードウェアのリソース管理を行うためのカーネルと呼ばれる部分のみを指す。 これでOSとしての機能は成り立つが、それのみでは一般ユーザーが各種作業を行うためのOSとして容易に導入することができない。 一方、Linuxはオープンソースソフトウェア(OSS)として提供されているため、自由に拡張・再配布ができるという特徴を持っている。 そこで、Linuxのカーネルにシェルやライブラリ、アプリケーションソフトウェアなどを追加し、一般ユーザーにとって利用しやすいLinuxディストリビューションの形で配布されることが一般的となっている。 Linuxディストリビューションを開発・配布している企業や団体はディストリビュータと呼ばれている。 通常、一般ユーザーが入手して利用するものは狭義のLinuxではなくLinuxディストリビューションである。 そのため、Linuxディストリビューションを指して単にLinuxと呼ぶ場合も多い。 各ディストリビュータから提供されているLinuxディストリビューションは、目指す用途に合わせてカスタマイズされており、それぞれ異なる特徴を備えている。 サーバー向けの製品もあれば、個人のデスクトップPC向けの製品もある。 また、有償で提供されている商用の製品もあれば、無償で提供されている製品もある。 代表的なLinuxディストリビューションの例としては、以下のような製品を挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]