Linux

用語の解説

Linuxとは

(Linux)

 1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS。

その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界のボランティアの開発者によって改良が重ねられた。

 開発当初はIntel社のx86系マイクロプロセッサを搭載したコンピュータでしか動かなかったが、多くのプログラマによって、Alpha、SPARC、PowerPCなどのプラットフォームに移植された。

 Linuxは既存のOSのコードを流用せず、0から書き起こされた。 GPLというライセンス体系に基づいて、誰でも自由に改変・再配布することができる(ただし、改変・追加した部分はGPLに基づいて無償で公開しなければならない)。

 Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作する。 また、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているという特長を持つ。 いらない機能を削ぎ落とし、必要な機能だけを選んでOSを再構築することができるという点も他の多くのOSには見られない特徴である。

 Linuxは学術機関を中心に広く普及しており、企業のインターネットサーバとしても多く採用されている。

 本来、「Linux」はカーネル(kernel)と呼ばれるOSの核となる部分のみを指す言葉だったが、Linuxカーネル上で動作するシステム全体を指す言葉としても用いられることが多い。 Linuxは通常、コマンドやインストーラ、ユーティリティなど、システムの構築・運用に必要なソフトウェア群とともに配布される。 カーネルとこれらのソフトウェアをまとめた配布パッケージをディストリビューション(distribution)という。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]