編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MCH

用語の解説

MCHとは

(MCH)

 Intel社の800シリーズチップセットを構成するチップの一つで、メモリとCPUの接続などを担う、従来のノースブリッジの機能を持ったチップ。

 MCHにはマイクロプロセッサ、メモリ、AGP、従来のサウスブリッジにあたるICHが接続し、MCHとICHの間は最大266MB/sのデータ転送速度を持つHub Interfaceが使われている。

 従来の「ノース・サウス」構成と最も異なるのは、2つのチップの接続にPCIを用いず、代わりに専用のバスを使うようになったことである。

 MCHがどのようなマイクロプロセッサやメモリに対応しているかによって、チップセットが対応できるマイクロプロセッサ・メモリの種類が決まる。

 Intel 800シリーズのチップセットの名称はMCHの種類によって決まっており、違うチップセットでもMCHのみが別でICHは同じ、ということもある。 逆に、MCHが同じであればICHを取り替えても同じマイクロプロセッサ・メモリに対応できるため、ICHが新しくなったチップセットは単に型番に「E」などをつけて区別している。

 MCHにはグラフィックスアクセラレータ機能を統合したものもあり、これは特に「GMCH」と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]