編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MCSA

用語の解説

MCSAとは

(MCSA)

 Microsoft社が認定するMCP資格の一つで、「マイクロソフト認定システムアドミニストレータ」を意味する。

2001年に新たに追加された資格で、Windows 2000Windows XP、Windows .NET Serverによるネットワークの保守、管理、トラブルシューティングなどを行なう技術者が対象。 システムやネットワークの管理者は以前はMCSEを取得していたが、MCSEに含まれるシステム設計能力は管理者には必要ないという声があったためMCSAが新設された。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]