編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MD5

用語の解説

MD5とは

(エムディーファイブ,メッセージダイジェストアルゴリズム5,)
MD5とは、ハッシュ関数と呼ばれる、あるデータから元の値とは異なる数値を得ることができるアルゴリズムの一種で、1991年にマサチューセッツ工科大学のリベスト(Ronald Rivest)教授によって考案されたアルゴリズムのことである。
RFC 1321で規定されている。 MD5を利用すると、任意長のデータから128ビットのハッシュ値(メッセージダイジェスト)を出力することができる。 32ビットマシンで高速処理ができるように設計されており、また、アルゴリズムをコンパクトにコード化できるという特徴を持っている。 MD5は、主にAPOPなどの電子メール認証や、デジタル署名などにおいて利用されている。 MD5は、リベスト教授によるMD4を元に開発されている。 なお、米国政府などで主に採用されているSHA(Secure Hash Algorithm)はMD4をベースとしている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]