編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MMC

用語の解説

MMCとは

(MMC)

 1997年にSiemens社とSanDisk社が共同開発したメモリカードの規格。

1998年には両社とNEC、日立、Motorola社、Nokia社などで業界団体「MMCA」(MultiMediaCard Association)を設立し、規格の普及を推進している。 容量は、当初は4MBだったが、現在は64MBの製品が主流となっており、仕様上は4GBまで拡張可能となっている。 データ転送は短辺の一方に並んだ7本のピン端子で行ない、転送速度は20Mbpsである。 マルチデバイスに対応しており、最大30枚までのMMCを接続することができる。 カードのサイズは縦32mm×横24mm×厚さ1.4mm。 日立製作所は2000年に、三洋電機、富士通と共同で、MMCに著作権保護機能を付加した携帯音楽機器向けのメモリカード「SecureMMC」を開発している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]