編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MMK

用語の解説

MMKとは

(エムエムケー,マルチメディアキオスク,)
MMKとは、商店の店頭などに置かれるマルチメディア対応の情報端末のことである。
コンビニエンスストアの店頭などに設置されている。 マルチマディアキオスクでは、チケット予約や公共料金支払い、クレジットカードの決済、デジタルコンテンツのダウンロード、商品の購入などを行うことが可能である。 タッチパネルによる直感的な操作感で簡単に扱えるようになっている。 携帯電話やデジタルカメラなどとデータ交換が可能な端末もあり、デジタルカメラの写真画像をプリントアウトしたり、生写真をデジタルデータ化したりできるものもある。 情報のやり取りに用いるため、各種メモリカードのインターフェースを備えている場合が多く、SmartMediaやCompactFlash、メモリースティックなどに対応している。 MMKはコンビニエンスストアで積極的に導入されている。 代表的なものとしてはセブン-イレブンの「セブンナビ」やローソンの「Loppi」がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]