編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MML

用語の解説

MMLとは

(MML)

 携帯電話などの小型情報機器向けに開発された、Webページ記述言語の一つ。

慶應義塾大学のMOBiDYプロジェクトとJフォン東京によって開発された。 同社の携帯電話網で提供されているインターネット接続サービス「J-SKY」がこれに対応している。

 Webページの記述言語としてすでに事実上の標準となっているHTMLをベースとしており、タグの文字列が短縮されているためデータ量を少なく抑えることができる点が特徴。

 また、Jフォンのゲートウェイサーバは、通常のHTMLをMMLに変換する機能を持っているため、通常のWebページをJフォン端末で読み込むことができる。 だが、そのことが逆に、MMLで記述されたページの数を少なく抑える結果にもなっている。

 Jフォン以外の携帯各社がMMLに対応していないことなどから、MMLがページ記述言語の標準として普及する可能性は低い、という見方が一般的である。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]