編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MMOG

用語の解説

MMOGとは

(MMOG)

 数百人から数千人規模のプレーヤーが、同時に1つのサーバに接続して遊ぶゲーム。

MMOGでは、ゲームを運営する企業が数台から数百台のサーバを利用して1つの仮想世界を構築し、この仮想世界がゲームの進行単位となる。

 一般的には、仮想世界はプレーヤーの人数に応じていくつか用意されているが、仮想世界の間には繋がりはなく、それぞれが「パラレルワールド」として互いに干渉することなく独立している。 プレーヤーは運営者側が用意した仮想世界から1つを選び、その仮想世界の一員としてプレイに「参加」する。

 MMOGに登場するキャラクターには、敵キャラなどのコンピュータが制御するキャラクターのほかに、多数の他のプレーヤーが存在する。 一般的なゲームと比べて、他のキャラクター(プレーヤー)と協力・競争して遊ぶという、コミュニケーションを楽しむ要素が強い。

 こういったMMOGの性質上、最初に商用化が行われたのはRPGをMMOG化した「MMORPG」で、Ultima OnlineやEverQuestといった、日常生活や冒険を他のプレーヤーと同時に楽しむゲームが広まった。 MMORPG以外のMMOGも研究・開発が行われているが、プレーヤーが仮想世界の一員となり、仮想世界の中で何らかの役を演じていくという、基本的なスタンスはどのゲームでも共通である。

 MMOGは運営企業が恒常的に仮想世界を維持する必要があるため、ネットワークサービスの一種と捉えることができる。 このため、MMOGの利用料は月額払いになっており、プレーヤーはゲームごとに定められた利用料を毎月運営企業に支払い、プレイを継続することになる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]