編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MOUS

用語の解説

MOUSとは

(エムオーユーエス,)
MOUSとは、Microsoft Office User Specialistの略称で、Microsoftが認定している資格の1つである。
MOUSは、Microsoft Office製品に対する全体の理解や、それらの高度な機能を使う能力、および、Microsoft Office製品間を統合する能力を評価する試験となっており、活用技能レベルが認定される。 MOUSの実際の試験はパソコンを利用した実技形式で行われ、各製品につき50分間の試験時間となっている。 WordとExcelに関しては、スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2つのレベルがある。 スペシャリストレベルでは、基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷などの作業を行うことができることを要求される。 また、エキスパートレベルでは、スペシャリストレベルで要求される基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ-タの有効活用などの高度な機能を駆使した作業を行うことができることが要求される。 Power PointやAccess、Outlookに関しては、スペシャリストレベルのみとなっている。 MOUSでは、受験資格は特に設けられておらず、小学生以下の場合は保護者の同意が必要となる。 MOUSは、主に就職時や転職時などに活かすことができ、特に、派遣登録時には有効となる資格の1つである。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]