編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MPLS

用語の解説

MPLSとは

(MPLS)

 IETFが標準化を進めている、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術。

現在インターネットで主流となっている、ルータを用いたバケツリレー式のデータ転送を、より高速・大容量化する技術である。

 本来、ルータが他のルータから受け取ったパケットを別のルータに転送する際には、ルーティング(経路選択)情報としてIPヘッダを利用するが、MPLSではこれの代わりに「ラベル」と呼ばれる短い固定長の識別標識を利用する。

 MPLS対応ルータ(Label Switching Router : LSR)によって構成されたネットワーク内では、パケットの行き先に応じて次にどのルータに転送するかという情報を各ルータが保持しており、それぞれの経路はラベルによって識別される。

 このネットワークの入口にあるルータ(エッジルータ)にパケットが届くと、パケット内の経路情報にラベルを付加して、次のルータに転送する。 次のルータは、パケットについているラベルを見て、どのルータに転送すべきかを判断し、適切な転送先にパケットを送る。 外部ネットワークへの出口にあるエッジルータは、到着したパケットからラベルを取り除き、外のルータへ転送する。

 LSR同士はLDP(Label Distribution Protocol)というプロトコルを用いて経路情報の交換を行ない、経路が変更されるとラベルの再割り当てが行なわれる。

 このようにラベルをもとにした転送を行なうことにより、転送処理と経路計算処理の分離が可能となり、個々のルータの負担が軽減され、処理の高速化が実現される。

 また、第3層(ネットワーク層)のプロトコルであるIPと、第2層(データリンク層)のATMなどの諸技術との緊密な連携により、IPでは不可能な高度な通信品質制御(QoS)や、ネットワーク構成に依存しないプライベートネットワーク(IP-VPN)の構築などが可能となる。

 同様の技術に、Cisco Systems社の「Tag Switching」や、Ipsilon Networks社(現Nokia社)の「IP Switching」、東芝の「CSR」(cell switch router)、IBM社の「ARIS」などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]