編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MRP

用語の解説

MRPとは

(エムアールピー,資材所要量計画,)
MRPとは、生産管理に用いられる手法の一種で、生産計画に基づいて必要となる資材などをあらかじめ算出する手法のことである。
MRPでは、想定された完成品から必要となる資材をすべて列挙し、資材の在庫を照らし合わせることで、資材に需要が生まれる次期や分量を把握する。 これによって生産管理を効率化することができる。 MRPは970年代に米国生産在庫管理協会(APICS)によって提唱された。 以来、一般的な管理手法として用いられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]