編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MSO

用語の解説

MSOとは

(MSO)

 多数のケーブルテレビ局を運営する事業者のこと。

MSOは複数のケーブルテレビ事業を傘下に収めることにより、設備やソフトの購入時に価格交渉を有利に進めたり、新規局に対してノウハウを提供してスムーズに事業を立ち上げたり、資本力を活かして1局ではできない大規模な設備投資を行なったりすることができる。 アメリカで1965年頃に成立した業態で、AT&T社傘下のTele-Communications社やAOL TimeWarner社、MediaOne社などが大きな勢力を持っている。 日本でも1993年にケーブルテレビ事業の規制緩和が行なわれ、MSOが増加している。 国内ではジュピターテレコムとタイタスコミュニケーションズが2大勢力となっていたが、2000年に両者が合併し、巨大MSOが誕生した。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]