編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Mac OS X Leopard

用語の解説

Mac OS X Leopardとは

(マックオーエステンレパード,Mac OS X v10.5 Leopard,Mac OS X v10.5,Mac OS X 10.5,Leopard,)
Mac OS X Leopardとは、Macintosh向けのオペレーティングシステム(OS)であるMac OS Xのバージョンのうち、2007年10月にリリースされたバージョン(v10.5)のことである。
Mac OS X Leopardの特徴として、32ビット命令にも対応しているが完全な64ビットOSとなっており、マルチコアプロセッサとの組み合わせによって高度なパフォーマンスが実現できるようになっている。 また、POSIX準拠の完全UNIX互換OSとなったことで、開発プラットフォームとしても適切な環境を実現している。 Mac OS X Leopardには、一世代前のバージョンとなるMac OS X Tigerの機能に加えて新たに300以上の機能が追加されている。 代表的な追加機能としては、デスクトップ上のファイルを一時的にまとめて収納できる「Stacks」や、アプリケーションソフトを起動せずにファイル管理システムの「Finder」上で内容を閲覧することができる「Quick Look」、アプリケーションをグループ化してそれぞれの仮想的空間に切り分けて配置する「Spaces」などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]