編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Mac OS X Server Snow Leopard

用語の解説

Mac OS X Server Snow Leopardとは

(マックオーエステンサーバースノーレパード,Mac OS X Serverバージョン10.6 Snow Leopard,Snow Leopard Server,)
Mac OS X Server Snow Leopardとは、Appleが2009年8月に発売したサーバーOS(サーバー用オペレーティングシステム)の名称である。
Mac OS X Server Snow Leopardは、Mac OS X Server Leopardの後継バージョンであり、同時に、Mac OS X Snow LeopardのサーバーOS版である。 完全な64ビットOSであり、メモリアドレッシングも64ビットに対応している。 これにより、32ビットOSでは扱えなかった4GB以上のメモリが必要な処理も扱うことが可能となっている。 理論上は16TB(テラバイト)までのRAMをサポートする。 なお、32ビットのアプリケーションとの互換性も完全に維持している。 処理速度は、従来版のMac OS X Server Leopardと比べると、最大で2倍高速と発表されている。 Mac OS X Server Snow Leopardで追加された新機能としては、ポッドキャストの作成と配信を自動化できる「Podcast Producer 2」や、ファイヤーウォールでネットワーク保護されたサービスにiPhoneやMacから安全にアクセスする「Mobile Access Server」などがある。 その他にも、CardDAVを利用したアドレス帳「Address Book Server」、ネットワーク環境に合わせてライブストリーミングの画質を自動調整する「QuickTime X HTTP Live Streaming」、複数のiPhoneの設定を一挙に行うことができる「iPhone Configuration Utility」などのような多数の機能が搭載されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]