Mac OS X Snow Leopard

用語の解説

Mac OS X Snow Leopardとは

(マックオーエステンスノーレパード,Mac OS X v10.6 Snow Leopard,Mac OS X v10.6,Mac OS X 10.6,Snow Leopard,)
Mac OS X Snow Leopardとは、Mac OS X Leopardの後継バージョンとして発表されたオペレーティングシステム(OS)の名称である。
2009年8月に発売された。 Mac OS X Snow Leopardでは、パフォーマンスの大幅な改良が図られている。 報道発表資料によると、検索速度も最大90%向上、「Time Machine」の最初のバックアップが最大50%向上しているとされる。 Webブラウザ「Safari」の新バージョンでは、JavaScriptの実行速度が最大50%向上し、さらにクラッシュにも強くなっているという。 その他、C言語をベースとしたグラフィック処理用のプログラミング言語「OpenCL」などをサポートしている。 また、機能面での強化としては、「Dock」と「Exposé」が統合されており、FinderやMail、iCal、iChat、Safariといったアプリケーションは64ビット化されている。 QuickTimeは新バージョン「QuickTime X」となり、YouTubeやMobileMe、iTunesなどへの投稿が簡単にできるようになる。 その他、画面読み上げ機能「VoiceOver」、点字ディスプレイのサポート、マルチタッチ対応のトラックパッドに文字を書くことによる中国語入力のサポート、といった機能が追加される。 Exchange Serverをデフォルトでサポートしている点も特徴となっている。 Mac OS X Snow Leopardは2009年6月に開催されたWWDC(Worldwide Developers Conference)2009で初めて発表された。 ちなみに、バージョン名の由来である「snow leopard」は、中央アジアの山岳地帯に生息するネコ科の珍獣・ユキヒョウのことである。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]