編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Machマイクロカーネル

用語の解説

Machマイクロカーネルとは

(マークマイクロカーネル,Mach microkernel,Multiple Asynchronously Communication Hosts microkernel,)
Machマイクロカーネルとは、カーネギーメロン大学で1985年から開発されていたオペレーティングシステム(OS)のことである。
Machマイクロカーネルは、マイクロカーネルと呼ばれる、OSに最も汎用的な機能のみ搭載して後はモジュール化するという概念を初めて本格的に実装したOSとして知られている。 マイクロカーネルを初めて本格的に採用したと同時に、マイクロカーネルの代表的な実装例としてもしばしば言及される。 MachマイクロカーネルはUNIX系OSであるBSDをベースとしている。 OSには根幹部分だけの機能を提供する設計思想で、徹底したオブジェクト指向、分散処理を指向している。 そのため、移植性は高い反面、性能上のオーバーヘッドが大きい問題もあった。 Machマイクロカーネルをベースとして開発されたOSは多く、主な例としてAppleのMac OS Xなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]