編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MediaGX

用語の解説

MediaGXとは

(MediaGX)

 Cyrix社(現在はVIA社が買収)のパソコン用統合チップ。

x86互換のCPU機能、メモリ管理機能、グラフィックス機能、サウンド機能、PCIバス管理機能を1つのチップにまとめたもの。 パソコンのほとんどの機能を1チップに統合してコストを引き下げたため、低価格なパソコンに利用されている。 実際にはISAバス管理機能とEIDE管理機能をまとめたCx5510というチップと組み合わせて使う。 MediaGXのCPUコアはi486互換だが、1チップに様々な機能を集積し、低速なバスを介さずに周辺機能との連携が取れるため、同クロックのPentium並みの性能を発揮する。 クロック周波数は233MHz,266MHz,300MHzの3種類がある。 MMX機能を追加したものをMediaGXmという。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]