編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Mendocino

用語の解説

Mendocinoとは

(Mendocino)

 128KBの2次キャッシュを搭載し、0.25μmプロセスで製造された、Celeronプロセッサの開発コードネーム。

Celeronプロセッサの2代目にあたり、動作周波数は300MHz~533MHz。 デスクトップパソコン向けの製品である。

 動作周波数300MHz以下の初代Celeron(コードネーム「Covington」)に2次キャッシュを追加しただけのもので、ベースとなっているPentium II系列のコアはCovingtonと同じ「Deschutes」コアである。

 2次キャッシュがなかったCovingtonが同周波数のPentium IIより極端に性能が劣っていたのに対し、Mendocinoは同周波数のPentium IIと遜色ない性能となった。

 300MHzのCeleronはCovingtonとMendocinoが混在しているが、Mendocinoコアの製品は「300A MHz」という動作周波数の表記になっており、どちらの製品を使用しているか見分けられるようになっている。

 533MHz以上の3代目Celeronには、設計が大きく違うCoppermine-128Kコアが採用されており、アーキテクチャ上は直接の後継にはあたらない。 533MHzのCeleronもMendocinoとCoppermine-128Kが混在するが、こちらは後から設計されたCoppermine-128Kコアの製品を「533A MHz」として区別している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]