編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Metro

用語の解説

Metroとは

(メトロ)
Metroとは、Microsoftが開発した電子文書フォーマット「XPS」(XML Paper Specification)の開発コード名である。
XPSはWindows Vista(開発コード名「Longhorn」)からサポートされている。 Metroは、主にWindowsのアプリケーションで作成したドキュメントに関して、ファイルを作成したアプリケーションを必要とせずに印刷や閲覧、保存などを可能にするものとして発表された。 これは電子文書フォーマットとしてそれまでに圧倒的なシェアを獲得しているAdobe Systems社のPDFと直接競合する分野であったため、Metroの発表時から大いに注目を集めた。 Windows Vistaでは、Metroの他に「Acrylic」と呼ばれる描画ソフトが搭載されると発表された。 こちらも、Adobe Systemsが広いシェアを獲得しているペイントソフト「Illustrator」への直接競合となるため、注目を集めた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]