編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Microsoft Dynamics

用語の解説

Microsoft Dynamicsとは

(マイクロソフトダイナミクス)
Microsoft Dynamicsとは、Microsoftが提供している業務アプリケーションのブランドの名称である。
Microsoft Dynamicsは、オフィススイートとして市場で高い普及率を持つ「Microsoft Office」と共通したユーザーインターフェースを持っているため、営業現場のユーザーでも直感的に操作することができる、というメリットがある。 また、既存のOfficeアプリケーションと連携させることが可能であるため、Outlookの送受信履歴を営業活動の履歴として自動的にMicrosoft Dynamicsへ抽出したり、あるいはMicrosoft Dynamicsで取得したデータをExcel上でリアルタイムに加工・分析することなどもできるようになっている。 「Microsoft Office SharePoint Server」連携画面 Microsoft Dynamicsのシリーズでは、顧客管理(CRM)、経営資源計画(ERP)、サプライチェーンマネジメント(SCM)などの業務ソリューションが提供されている。 日本では、シリーズ第一弾となる顧客管理向けの製品「Microsoft Dynamics CRM 3.0」が2006年9月に発売され、同じく総合的な経営資源計画のための製品「Microsoft Dynamics AX 4.0」が2007年6月に発売されている。 ※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]