編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Microsoft Network Security Hotfix Checker

用語の解説

Microsoft Network Security Hotfix Checkerとは

(MicrosoftNetworkSecurityHotfixChecker)

 Windows NT 4.0/2000/XPのセキュリティパッチ適用状況をチェックし、インターネット上から取得した最新のセキュリティパッチ提供状況と照合して、不足しているものをリストアップするアプリケーションソフト。

 コマンドラインベースで実行するプログラムで、ファイル名から「hfnetchk」とも呼ばれている(正式名が長いので文中でも以下「hfnetchk」と表記する)。 hfnetchkは英語版のみが提供されており、英語版Windows用の定義ファイルを自動的にダウンロードするようになっているが、この定義ファイルは日本語版のWindows 2000/XPでもそのまま使用できる。

 また、Windows NT 4.0でも、日本語版専用のセキュリティパッチ提供状況の定義ファイルが提供されているので、このファイルを使用すれば正確な結果が得られる。

 定義ファイルはパッチが提供されるとそれにあわせて更新されるため、日本語版の定義ファイルを使用する場合は、随時新しい定義ファイルがないか確認する必要がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]