編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Microsoft Office 2008 for Mac

用語の解説

Microsoft Office 2008 for Macとは

(マイクロソフトオフィスニセンハチフォーマック,Office 2008 for Mac,Office 2008,オフィス2008,)
Microsoft Office 2008 for Macとは、MicrosoftのMacintosh(Mac)用オフィススイートである。
2008年1月に日米で同時発売された。 Microsoft Office 2008 for Macは、基本的には「Mirosoft Office」のMac版であるといえる。 ワープロソフトの「Word 2008」、表計算ソフトの「Excel 2008」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint 2008」に加えて、スケジュール管理ソフト「Entourage(アントラージュ) 2008」が含まれている。 なお、「Entourage」はWindows版のOutlookがMac向けにアレンジされたアプリケーションである。 また、上位エディションととして、デジタル資産管理ツール「Expression Media」が追加された「Special Media Edition」も用意されている。 Microsoft Office 2008 for Macでは、Windows向けの最新バージョンである「Office 2007」で採用されたファイル形式「Office Open XML」(OOXML)をサポートしている。 これによってWindowsとMacの両方のプラットフォームで、「.docx」や「.xlsx」、「.pptx」といったOOXMLのファイルの互換性が確保されている。 また、アプリケーションのユーザーインターフェースにも、Office 2007と同様の「リボン」方式が採用されている。 文書編集のイメージ Microsoft Office 2008 for Macは、Intel搭載のMac(Intel Mac)でもPowerPC搭載のMacでも動作する、いわゆる「Universalアプリケーション」である。 対応OSはMac OS X 10.4(Tiger)以上となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]