編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Microsoft Office for Mac 2011

用語の解説

Microsoft Office for Mac 2011とは

(マイクロソフトオフィスフォーマックニセンジュウイチ,Office for Mac 2011,)
Microsoft Office for Mac 2011とは、Microsoftが発売するMacintoshマシン向けのオフィススイートである。
Microsoft Office for Mac 2011は、「Word 2011」、「Excel 2011」、「PowerPoint 2011」、「Outlook 2011」および90日間のテクニカルサポートがセットとなったアプリケーションスイートである。 「主力生産性スイート」とも表現されている。 Word 2011とExcel 2011は単体でも販売される。 Windows版のMicrosoft Officeとの高い互換性を持っており、OutlookのMac版である「Outlook for Mac 2011」が新たに追加されている他、Office Open XMLへの対応、Office Web Apps、およびWindows Live SkyDriveへの対応などの特徴がある。 Home and Student版(左)、Home and Business版(右) Microsoft Office for Mac 2011の発売日は、2010年10月27日である。 パッケージ写真の使用に際して、Microsoft Corporation発行のガイドラインに準拠しています。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]