編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Microsoft Windows MSDN Deluxe Edition

用語の解説

Microsoft Windows MSDN Deluxe Editionとは

(マイクロソフトウィンドウズエムエスディーエヌデラックスエディション,Windows MSDN Deluxe Edition,)
Microsoft Windows MSDN Deluxe Editionとは、Microsoftが開発した、ソフトウェア開発などの用途向けに特化したオペレーティングシステム(OS)のパッケージソフトウェアの名称である。
Microsoft Windows MSDN Deluxe Editionは、Windowsに対応するソフトウェアの設計、開発、テスト、デモンストレーションなどに必要な環境を提供することを目的としており、開発支援を中心とした複数の機能・サービスなどから構成されている。 Microsoft Windows MSDN Deluxe Editionは、OSであるWindowsと、サーバーソフトであるWindows Serverがセットで提供されている。 2008年4月に発売されたバージョンでは「Windows Server 2008 Enterprise」と「Windows Vista Ultimate」が同梱されている。 なお、2003年5月に発売された当初のバージョンでは「Windows XP Professional」と「Windows Server 2003 Enterprise Edition」が同梱されていた。 2008年4月に発売されたバージョンではこれらの旧バージョンの他、Windows XPの全てのエディションやMicrosoft Virtual PCなど、複数の旧バージョンのOSを利用することが可能となっている。 その他、アプリケーションソフトやデバイスドライバの開発に必要なSDK(ソフトウェア開発キット)やDDK(ドライバ開発キット)がDVD-ROMで提供され、開発作業の効率化を図ることができる。 また、Microsoftのエンジニアによるテクニカルサポートを受けることも可能である。 ※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]