編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Mobile Celeron

用語の解説

Mobile Celeronとは

(MobileCeleron)

 Intel社の32ビットマイクロプロセッサのシリーズ名。

1999年1月に登場したブランド名で、低価格ノートパソコンをターゲットとした製品である。

 デスクトップ版のCeleronと同様に、Mobile CeleronもMobile Pentiumシリーズとは違って「Mobile Celeron II」のように世代ごとにブランド名がバージョンアップしていく習慣はなく、同じ「Mobile Celeron」という名称の製品でも、中身は度々入れ替わっている。

 Mobile Celeronの名前がついた製品をプロセッサコア(プロセッサ内部で実際に処理を行なう部分のこと)のコードネーム(開発時の通称)で分類すると、現在までに4種類のMobile Celeronがリリースされたことになる。

 このうち、Mobile Pentium IIと同等の機能を持つ製品が「Dixon-128K」コアの製品で、128KBの2次キャッシュを内蔵し、クロック周波数は266MHz~466MHzとなっている。

 次にリリースされたのはMobile Pentium IIIとほぼ同等の機能を持つ「Coppermine-128K」コアの製品で、SSEに対応するほか、Dixon-128Kと同じく128KBの2次キャッシュを備える。 クロック周波数は450MHz~933MHz。

 また、このコアには動作電圧を下げた「低電圧版」「超低電圧版」の製品もあり、低電圧版は400MHz~600MHz、超低電圧版は500MHz~600MHzで動作する。

 Mobile Pentium III-Mに相当する製品は「Tualatin-256K」コアの製品で、256KBの2次キャッシュを備え、クロック周波数1GHz~1.33GHzで動作する。 このコアにも低電圧版・超低電圧版の設定があり、低電圧版・超低電圧版とも650MHz~733MHzで動作する。

 Mobile Pentium 4-Mに相当するのは「Northwood-256K」コアの製品になる。 このコアではSSE2に対応しており、動作周波数は1.4GHz以上となる。 このコアの製品には低電圧版は用意されていない。

 なお、Mobile Pentium-III以降のMobile PentiumシリーズにはSpeedStepという省電力機能が搭載されているが、Mobile CeleronにはSpeedStepは搭載されていない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]