編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Mt.Rainier

用語の解説

Mt.Rainierとは

(Mt.Rainier)

 ソニー・Philips社・Microsoft社などが推進している、CD-RWへパケットライト書き込みを行なうための規格。

 CD-RWは書き換えが可能でしかも普及率が高いことから、フロッピーディスクに代わるパソコンの外部記憶媒体として期待されているが、現在はフロッピーディスク等と同等の使い勝手を実現するためのパケットライト規格がCD-Rライタソフトウェアごとに分裂している。

 Mt.Rainierはこのパケットライト規格を統一するとともに、パケットライト書き込み機能をOSの標準機能として実装することを目的とした規格である。

 Mt.Rainierでは、OS側での対応を促進するために、ドライブ側の命令セットを統一し、不良セクタの管理をドライブが担当するなど、OSでの対応が容易になるような配慮がなされている。

 このため、CD-RWドライブ側に求められる機能は従来のCD-RWドライブより増加することになり、従来のCD-RWドライブではMt.Rainierは利用できなくなる。

 このほか、Mt.Rainierではフォーマット途中のCD-RWディスクにデータを書き込めるようにすることで、ユーザの使い勝手向上を図っている。

 Mt.Rainierに対応したドライブは2002年前半から出始めているが、WindowsのMt.Rainier対応は2004年の次期バージョンで予定されているなど、OS側での対応は遅れている。

 ちなみに、DVD+RWアライアンス(ソニー・Philips社などが参加)が推進しているDVD+RWはこのMt.Rainierと非常に似た規格になっており、DVD+RW/Mt.Rainier両対応のドライブが増えることが予想されるほか、WindowsをはじめとしたOSが両規格にまとめて対応する可能性も高いといわれている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]