編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Nクイーン問題

用語の解説

Nクイーン問題とは

(エヌクイーンモンダイ,n queens puzzle,)
Nクイーン問題とは、エイトクイーン問題と呼ばれる数学的パズルを応用した問題で、1辺のマスの数と使用する駒の数を任意に変更し、「盤上に互いの移動先を妨げないように配置する」という条件を満たす解の数を求める問題のことである。
エイトクイーン問題では、使用するマスの数はチェスの盤と同じ8×8マスであり、使用する駒の数は8個である。 Nクイーン問題では、N×Nマス上で、N個の駒を用いる。 数が多くなると解の数やパターンは飛躍的に増加する。 例えば「12クイーン問題」では解の数は1000を優に超えるとされる。 Nクイーン問題は、シンプルであり、問題設定の拡張も容易であるため、プログラミング技術を習得する際の課題として利用されることも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]