編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

N88-BASIC

用語の解説

N88-BASICとは

(N88-BASIC)

 NECのパソコン PC-8800シリーズ および PC-9800シリーズ で動作する、BASIC言語の開発・実行環境。

OSとしての役割も持っている。 PC-9800シリーズ用のものは正確には「N88-BASIC(86)」もしくは「N88日本語BASIC(86)」という。

 両シリーズとも本体内蔵のROMにN88-BASICが記録されており、フロッピーディスクなどで外部から読み込まない限り、電源を入れるとこれが自動的に起動する。 ROMに記録されたBASIC処理系を俗に「ROM-BASIC」と呼ぶ。

 これに対し、本体とは別に提供されたフロッピーディスクに記録されたBASIC処理系は「Disk BASIC」という。 Disk BASICはROM-BASICの機能を呼び出して使用するため、基本的な機能は同じだが、Disk BASICにはフロッピーディスクの入出力機能があるため(つまり、ROM-BASICで作成したプログラムは保存できない)、通常はDisk BASICを使っていた。

 のちにPC-9800シリーズの標準OSはMS-DOSになったが、ソフトウェア開発・実行環境としてN88-BASICが移植された。 これを「DOS-BASIC」(正式には「N88日本語BASIC(86)(MS-DOS版)」)という。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]