NCRP

用語の解説

NCRPとは

(エヌシーアールピー,)
NCRPとは、1996年5月に発表された、ネットワークコンピュータが備えているべき仕様に関するガイドラインの名称である。
NCRPで定められている仕様には、例えば以下のようなものがある。 ソフトウェアについては、IPベースの通信プロトコルに対応していること、HTTPやHTMLなどのいくつかのWWW標準技術に対応していること、電子メールプロトコルに対応していることなど。 また、ハードウェアについては、VGA(640×480ドット)以上の解像度を持ったディスプレイやポインティングデバイスを備えていること、テキスト入力やオーディオ出力が可能であること、などである。 なおNCRPは、Oracleを中心として、Apple ComputerやSun Microsystems、IBM、Netscape Communicationsの5社によって策定された。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]