編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NICOLA

用語の解説

NICOLAとは

(NICOLA)

 1980年に富士通によって考案された日本語キー入力配列「親指シフト」を元にしたキー入力配列規格。

 右手と左手の役割を明確に分け、数字キーの下の3段に配置されたひらがなを、左右の親指シフトキーの打鍵の有無により最大3種類の文字を割り当てており、慣れれば非常に高速な日本語入力が可能になる。

 NICOLA配列は、記号のキー配列により富士通(OASYS)規格(F型)、ANSI規格(A型)、JIS規格(J型)の3つに分類される。 ひらがなのキー配置はすべてに共通で、使用頻度に応じて「単独の打鍵により入力できる文字」「打鍵を担当する指と同じ手の親指と同時に打鍵する文字」「打鍵を担当する指と異なる手の親指と同時に打鍵する文字」の3種類に分類、配置されている。

 NICOLA配列は親指シフト配列を元にした入力方式として日本語入力コンソーシアムによって制定され、現在でもコンピュータのキーボードのキー配列として一部に利用されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]