編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTドメイン

用語の解説

NTドメインとは

(NTドメイン)

 Windows NTやWindows 2000を基盤としたネットワークで、論理的に1グループとして扱われるコンピュータの範囲。

 同じNTドメインに所属しているコンピュータ群は基本的に1台のコンピュータによって管理されており、共通したユーザアカウントやセキュリティポリシーなどを持っている。

 ユーザアカウントの追加や削除、セキュリティ設定の変更などは1台のコンピュータで統括して行え、2人以上の人物が同じユーザ名を使って1つのNTドメインにログオンすることは許されない。

 こうした重要な設定情報を管理し、ユーザ認証を行なうコンピュータは「プライマリ・ドメインコントローラ」と呼ばれ、そのバックアップを行なうコンピュータを「バックアップ・ドメインコントローラ」と呼ぶ。

 なお、NTドメインはあくまで論理的なグループであって、物理的な距離には左右されない。 例えば、北海道と沖縄とにある2台のWindows NTマシンをインターネットを介して接続し、同じNTドメインに属するものとして扱うことも可能である。

 Windowsネットワークでは、NTドメインの管理機能を簡略化した「ワークグループ」という管理単位を使うこともでき、NT系列のOSがない小規模なネットワークなどで使われている。

 また、Windows 2000からは、NTドメインに代わる統合管理機能として「Active Directory」が提供されており、今後はActive Directoryへの移行が進むものと思われる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]