編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Namespaces in XML

用語の解説

Namespaces in XMLとは

(NamespacesinXML)

 XMLで定義された複数の言語を一つの文書で扱う場合に、要素や属性の名前が衝突することを避けるために用いる修飾子。

 XMLはメタ言語であり、DTDという文書でタグや属性を定義することで様々なマークアップ言語を作成することができる。 これらは目的に応じて使い分けることになるが、1つの文書を複数のマークアップ言語で記述することもできる。 その際、同じタグ名を複数の言語で定義してあると、文書中でそのタグが登場したときにどの言語で定義されたものなのか区別する必要が生じる。 このときいちいちDTDのURIをタグに記述するのは面倒で冗長なので、使用する言語(のDTDが置いてあるURI)と対応する接頭辞を文書の先頭で定義しておき、タグにはその接頭辞を頭に追加することにより区別する。 接頭辞とタグ名の間は「:」(コロン)で区切り、「<en:verb>」「<ja:verb>」のように使用する。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]