編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NetBurst

用語の解説

NetBurstとは

(NetBurst)

 Intel社の32ビットマイクロプロセッサであるPentium 4/Xeonに採用されているマイクロアーキテクチャの名称。

 初代Pentiumで採用されていたP5アーキテクチャ、Pentium Pro/Pentium II/Pentium IIIで採用されたP6アーキテクチャの後継にあたり、x86アーキテクチャの第7世代にあたる。

 20段にも及ぶハイパーパイプライン構造(P6アーキテクチャでは10段)、および整数演算ユニットの倍速駆動などが主な特徴で、偏執的なまでに動作周波数の向上に特化している。

 パイプラインがあまりにも深いため、分岐予測を誤った時のペナルティが大きく、クロックあたりの性能は必ずしも高くない(P6コアから20%程度悪化とされる)が、その代わり同程度の製造技術でP6アーキテクチャの2倍程度の動作周波数を実現できるとされる。

 以上のような触れ込みで登場したNetBurstアーキテクチャだが、設計段階で既にHyper-Threading(1つのプロセッサを仮想的に複数のプロセッサとして扱い、複数スレッドが演算器を共有して同時に処理を進める機能)を前提とした設計がなされていた。

 Hyper-Threadingが機能するとクロックあたりの性能は20%程度上昇するため、Hyper-Threadingを使用したNetBurstコアのクロックあたり性能はP6コアとほぼ同等になる。

 2002年1月にはHyper-Threadingに対応したXeonがリリースされており、2003年後半にはPentium 4にもHyper-Threading対応版が登場する予定。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]