編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Netscape 6

用語の解説

Netscape 6とは

(Netscape6)

 Netscape Communications社が主導するオープンソースWebブラウザ開発プロジェクト「Mozilla.org」の成果を取り入れた、初のWebブラウザ。

2001年に無償配布が開始された。

 Mozillaプロジェクトが定期的にリリースする「マイルストーン」のソースコードを元に、AOL Time Warner社が独自の改造を加えたものとなっている。

 Netscape 6のHTML描画機能はMozillaプロジェクトが新たに開発した「Gecko」レンダリングエンジンを基盤としており、内部的にもNetscape 4(Netscape Communicator)シリーズとはまったく異なるソフトウェアとなっている。

 同プロジェクトはWebブラウザの「Mozilla」をリリースしているが、基本的な機能はNetscape 6シリーズとほぼ同じ。 CSS Level 1にフル対応したほか、スキンの変更機能やSidebarの搭載などの特徴を持つ。

 一方で、Netscape 6は豊富な機能を搭載した結果、Webブラウザとしては非常に負荷が大きくなり、Netscape 4シリーズやInternet Explorerと比べ、古いコンピュータで実行するのは難しくなっている。

 Netscape 4シリーズの後継製品としては、Netscape 4のコードをMozillaプロジェクトが改造した「Netscape 5」が予定されていたが、これは計画途上で破棄され、まったく新たに開発しなおすことになった。

 ちなみに、現在はNetscape 6と同じくMozillaをベースにしたNetscape 7がリリースされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]