編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

O3D

用語の解説

O3Dとは

(オースリーディー)
O3Dとは、Googleが開発した、Webブラウザ上でインタラクティブな3次元グラフィックス(3DCG)を作成する行うためのAPIのことである。
O3Dは、コンピュータのグラフィックカードに直接アクセスして処理を実行させる仕組みを採用している。 WebブラウザがAPIを通じてハードウェアのリソースを直接利用することにより、Webアプリケーションでもネイティブアプリケーションのように高速な3次元グラフィックス処理を実現できる。 なお、O3DのプログラムはJavaScriptによって記述される。 また、O3Dでは複数の主要なプラットフォームをサポートしている。 OSとしては、Windows XP、Windows Vista、Mac OS X 10.5以降のMac OS、Linuxなどをサポートしており、Webブラウザでは、Google Chrome、Internet Explorer、Firefox、Safariなどをサポートしている。 O3Dでは、APIと共にWebブラウザ用のプラグインが提供されている。 このプラグインをWebブラウザに追加することで、O3Dの機能が利用可能になる。 O3Dは2009年4月に初めて公開された。 Google Code上で、オープンソースで公開されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]