ODF

用語の解説

ODFとは

(オーディーエフ,オープンドキュメント,)
ODFとは、XML関連技術の標準化団体であるOASISによって策定された、オフィスソフトで作成したデータを保存するためのファイル形式のことである。
ODFはXMLをベースとしており、ワープロソフトで作成された文書や表計算ソフトで作成されたワークシートなど、オフィスソフトで用いられるファイル形式全般に対応している。 リッチテキストフォーマットの文書や関数計算の含まれる表データなども扱うことができる。 ODFは、もともとはオープンソースのオフィスソフトのOpenOffice.orgが採用してきたファイル形式を拡張したもので、2005年5月にOASIS標準となり、2006年5月には国際標準化機構(ISO)によって国際標準仕様として認定された。 オフィスソフトの多くがODFをサポートしており、欧米では公的機関などがODFを推奨する動きも見せている。 オフィスソフトの代表的存在であるMicrosoft Officeを販売しているMicrosoft社は、XMLをベースとする独自のファイル形式「Microsoft Office Open XML Format」を開発し、次期オフィスソフトに採用すると発表しているが、Microsoft Office Open XML FormatをODFに変換する「Open XML Translator」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げ、互換性を保つことも発表している。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]