編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ORACLE MASTER

用語の解説

ORACLE MASTERとは

(オラクルマスター)
ORACLE MASTERとは、Oracleが行っている認定資格制度のことである。
全世界で39万を超える人口が認定資格を保有している。 認定パスと呼ばれる資格の種類には、大きく分けて「Database」、「Middleware」、「Applications」の3種類がある。 この中で、レベルや目的によって資格が細分化されている。 Databaseは、主にデータベース管理者向けの認定パスで、セットアップやチューニングなど、データベース管理者として必要な技術を身につけていることを証明するものである。 Middlewareは、主にWeb管理者やアプリケーション開発者向けの認定パスで、製品としてはApplication Serverなどが対象となる。 Applicationsは、各基幹系システムのコンサルタント向けの認定パスで、製品としてはE-business Suiteが対象となっている。 最近では、Linux環境でOracleソフトウェアを管理する技術者を認定する資格として、Databaseの中でもLinuxに特化した認定パスも登場している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]