OSI参照モデル

用語の解説

OSI参照モデルとは

(OSIサンショウモデル)

 国際標準化機構(ISO)により制定された、異機種間のデータ通信を実現するためのネットワーク構造の設計方針「OSI(Open Systems Interconnection)」に基づき、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデル。

「OSI基本参照モデル」「OSI階層モデル」とも呼ばれる。 通信機能を7階層に分け、各層ごとに標準的な機能モジュールを定義している。

 第1層(物理層)は、データを通信回線に送出するための電気的な変換や機械的な作業を受け持つ。 ピンの形状やケーブルの特性なども第1層で定められる。

 第2層(データリンク層)は、通信相手との物理的な通信路を確保し、通信路を流れるデータのエラー検出などを行なう。

 第3層(ネットワーク層)は、相手までデータを届けるための通信経路の選択や、通信経路内のアドレス(住所)の管理を行なう。

 第4層(トランスポート層)は、相手まで確実に効率よくデータを届けるためのデータ圧縮や誤り訂正、再送制御などを行なう。

 第5層(セッション層)は、通信プログラム同士がデータの送受信を行なうための仮想的な経路(コネクション)の確立や解放を行なう。

 第6層(プレゼンテーション層)は、第5層から受け取ったデータをユーザが分かりやすい形式に変換したり、第7層から送られてくるデータを通信に適した形式に変換したりする。

 第7層(アプリケーション層)は、データ通信を利用した様々なサービスを人間や他のプログラムに提供する。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]