OSR2

用語の解説

OSR2とは

(OEM Service Release 2)
OSR2とは、Windows 95のマイナーバージョンアップ版として、パソコンのベンダーなどのOEMに対して提供された製品のことである。
1996年冬以降に販売されたWindows 95プリインストールパソコンでなどに搭載されている。 ソフトウェア単品での販売はなされていない。 OSR 2では、不具合の修正だけでなく、IEEE 1394やUSB、DVD、MMXなどの新しいハードウェアをサポートする機能が追加され、さらにOpenGL、Personal Web Server、FAT32などの、Windows 98に盛り込まれる予定だった新技術も前倒しで組み込まれている。 しかし、OSR 2に相当する単品のソフトウェアは販売されることがなく、エンドユーザーが入手するにはOSR 2が組み込まれたハードウェア(パソコン本体やマザーボード、ハードディスク)ごと購入しなくてはならなかったため、多くのユーザーの不満を招いた。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]