編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Objective-C

用語の解説

Objective-Cとは

(オブジェクティブシー)
Objective-Cとは、C言語の上位互換の言語仕様にオブジェクト指向を取り入れた言語である。
1983年に、StepStoneのBrad Coxにより開発された。 Objective-Cでは、オブジェクト指向とC言語の記述を混在させることができるため、ハイブリッド言語と呼ばれている。 これにより、C言語の資産を有効に活用できるというメリットがある。 また、情報の多くを実行時に決めるのも他のオブジェクト指向言語と区別される点であり、柔軟なプログラミングが可能になっている。 現AppleのCEOであるスティーブ・ジョブズが率いていたNeXT社がObjective-Cの権利を取得した後、AppleのMac OS Xの公式開発言語として採用されたことで、Objective-Cは広く認知されるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]